Drink Menu
Food Menu
photo: メニューについて(再掲です。)
2024.06.01

メニューについて(再掲です。)

Cat: Blog

☞ メニューは季節や仕入れなどで日々更新しております。直近のメニューやトピックスはインスタグラム @lshlshl_kyoto にて紹介しておりますのでご参考いただければありがたい ...more

photo: 映える映えない
2024.05.24

映える映えない

Cat: News

「写真に収めることもいまや食事の楽しみのひとつとなっているのだから、美しい蟹や貝などの殻を添えるなどしても罰があたることはなかろう。」といった旨を給仕陣営から申し奉ると、「おいしい ...more

photo: ランディングのためのティラミス
2024.05.14

ランディングのためのティラミス

Cat: News

ワインを傍らに前菜をいくつかとパスタやリゾット, メインにはお肉とを召し上がってからの方がほとんどですから、盛り上がったテンションのクールダウンというでもフェードアウトというでもな ...more

photo: 沈黙は金。でも言うていってもいいと思う。
2024.05.08

沈黙は金。でも言うていってもいいと思う。

Cat: Blog

土曜のお見送りのあとの片づけが終わると1時-2時になりますから, うかうかしているともう出発の時間になります。今回の目標は短い間の花ズッキーニと, これから本番を迎えるはしりのバジ ...more

photo: こういうのが好きっていうひとが好き
2024.05.04

こういうのが好きっていうひとが好き

Cat: Blog

あまり声を大きくしないでそっとしておきたい。信頼するインポーターさんがイタリア中を探し回って見つけてきてくれますから、いくつもの選分けと広報を経て公然とわれわれの手元に届いているの ...more

photo: とてもまぐろですね
2024.04.23

とてもまぐろですね

Cat: Blog

口にしたとき「これはとても鮪ですね」と思っていただきたいので日本近海の鮪をつかいます。こちらは佐渡のもの。ニッポンのマグロがもっている厚みをお届けしたいのですが、前半に登壇すること ...more

photo: やっぱりイナマ
2024.04.15

やっぱりイナマ

Cat: Blog

やっぱりイナマ、100人のっても大丈夫。昨年のヴェネツィア・ビエンナーレのレセプションでも大変お世話になりました。イナマのワインは当地でも大人気で、用意した100本が15分で空いて ...more

photo: クーっと言うようになったのは
2024.04.05

クーっと言うようになったのは

Cat: Blog

ビールや山菜をひとくち運んで唸りながら口角をあげるようになったのはいつの頃からでしょう。余韻やほろ苦さを噛みしめるようになったからにはここを通らずにはいられないと思うのです。 蛍烏 ...more

photo: 鮑は洗いが肝
2024.04.02

鮑は洗いが肝

Cat: Blog

「半分とかみみっちいこと言わないでいっこの鮑はいっこのリゾットでしょう」鶴か鵞鳥かはさておいての一声でまるっとひとつを使います。紐の部分でとったブロードをベースにおいて、肝はベルモ ...more

photo: ホワイトアスパラガスと帆立
2024.04.01

ホワイトアスパラガスと帆立

Cat: Blog

ホワイトアスパラガスが届きはじめました。ご当地バッサーノ風がイタリアの春ではありますが、今期も帆立とともにオランデーズソースで着地するのです。毎年のように同じような試行錯誤を訴えて ...more

photo: 泡はすこし許してください
2024.03.05

泡はすこし許してください

Cat: Blog

クリスタリストのみなさまおまたせいたしました。醸造責任者、ジャン・バティスト・レカイヨン氏によるところ、« 2015は、太陽よりもチョーキーな 「土壌」を表現しており、太陽に恵まれ ...more